スポンサーリンク

仕事の話

鹿児島にも少しずつ働き方改革が浸透してきているなと感じた話

投稿日:


先日、このような記事を見かけた。

キャリコネニュース
20代以上男女、「仕事より余暇」が初めて過半数に 仕事は「給料よりも自己実現」も6割超に

 

 

まぁ要約すると「仕事第一」の意識から「プライベート優先」の傾向が強まってきてますよって記事なんだけど、

鹿児島の企業も【従業員に対する考え方】が明らかに変わってきているなぁと感じる。

 

 

ボクが就活をしていた10年ほど前は、とにかく何よりも「仕事第一優先」「休み月4~5日」「長時間労働(みなし残業で12時間以上拘束)」なんて当たり前で、特に飲食店なんかはどこもこんな感じだった。

 

 

なぜこんなに働く側が負荷を背負うのか。

 

 

それは『サービス業=自分を犠牲にしてお客様に奉仕する』という考えが根付いていたから。

お客様=神様思考でとにかくお客様を優先して、企業として生き残っていくには『お客様』さえいればよかった。

 

 

従業員なんて募集をかければ、応募多数で選び放題。

業務内容がきつくて辞めれば、またすぐに新しい人材が入ってくる。そんな時代だったし、

平成21年の有効求人倍率なんて0.46倍(働きたい人100人に対して求人50件しかない状況)

仕事を辞めても次の働き口がない。

 

 

 

しかし、お客様第一優先主義で従業員をないがしろにしてきた企業が今、重大な問題に直面するようになった。

 

 

 

『深刻な人手不足』

 

 

 

皆さん覚えているだろうか。

2014年には「すき屋」のワンオペがきつすぎて、従業員不足により123店舗が一時休業や時間帯休業するという事例もあった。

そこからワンオペの廃止など労働環境の改善に取り組んで、今現在のすき屋がある。

すき屋だけに限らず、人手不足で店を閉めているお店は後を絶たない。

 

 

 

お客様がいても働く従業員が集まらない。鹿児島の企業もまさにこの状況に直面しているそうだ。

 

今年は「新入社員をおもてなし」なんてワードも出て、そこまでいくとキモチワルッて思ったけど。

 

そこで休日を最低月6日は取ろう、労働時間をせめて11時間拘束までにしよう、営業時間を短くしよう、などなど、

労働環境の改善に努めている。努めているが、それでもなかなか人が集まらない・定着しない状況らしい。

まぁ、鹿児島の給料安いもんね。

 

 

企業のトップが人手不足になる現状を想定して、

前もって労働環境改善に取り組んでいたところは、しっかり利益が取れるシステムを確立してきたが、

利益優先で従業員の確保を必死にしてこなかった企業は今後急速に衰退していくことでしょう。

 

 

少子化・県外への就職・介護離職・育児】 様々な要因で今後も鹿児島で働ける人口の割合は減り続けると思います。

雇う側と雇われる側どちらもWIN-WINの関係になれる日がくるといいですね。

ではまた~(‘◇’)ゞ




336280

336280

-仕事の話
-,

                    

執筆者:

                    

関連記事

【20代編】社会人になったら【貯金の目標】を立てよう!!全国的に見た鹿児島の貯蓄事情は?!

社会人になって毎月お給料を貰うようになってから、皆さんはいくら貯金していますか?! 実家暮らしor一人暮らし、奨学金の返済など事情は様々。 もちろん貯金は多いに越したことはありませんが、遊びたいし、欲 …

大学卒業後・・【鹿児島で新入社員で就職した時の話】part1

こんにちは、なかしんです。 今日は大学を卒業し、地元鹿児島で就職した時のお話です。 他県の大学に通っていたのですが、就職は地元の鹿児島でと考えていたので、 就職活動も勤務地が鹿児島の会社を中心に受けて …

【月額賃金横ばい=非正規は上昇、格差最小】って言うけど・・・

先日、ネットでこんな記事を見つけました。 【月額賃金横ばい=非正規は上昇、格差最小】 厚生労働省が22日発表した2016年の賃金構造基本統計調査によると、フルタイムで働く人の月額賃金(賞与や残業代除く …

【簡単には辞められないの?!】正社員で勤めた会社で上司に退職の意思を伝えたときの反応は?!

こんにちは。なかしんです。   皆さん、仕事を楽しんでいますか?!ボクは今までに2回の転職を経験しました。 仕事を辞めるのって勇気が要るし、出来る事なら円満退社が理想ですよね。 でも円満退社 …

大学卒業後・・【鹿児島で新入社員で就職した時の話】part3

スポンサーリンク 目次1 前回までのあらすじ2 新オープンの店舗3 オープン準備4 オープン日5 オープンから一か月後6 女性スタッフの派閥争い 前回までのあらすじ 世間知らずののほほんとした大学生が …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ブログ内を検索

ブログ内を検索

amazon

プロフィール

youtube

youtube チャンネル登録ボタン

twitter

twitterフォロー

twitterホーム

Instagram

カテゴリ

人気記事

楽天

アマゾンプライム